プロフィール

ちま

Author:ちま
きょーと在住のちびすけなスイーツ好き男子。
ネコとゲームをこよなく愛する変な人。
モンコレってゆーカードゲームをやってるカードゲーマー。
部屋はカードとゲームと服で溢れかえってます(笑
宣伝コメントが鬱陶しいので、禁止ワードを設定させて頂いてます。
禁止ワード「http:」です。
申し訳ないですが宜しく御願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

あしあと。

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
「ちま」の生態記録所。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
10/26 京都YS NS2連戦 後半戦 レポ
はい。
というわけで後半戦です。

2連続ボダ吹雪案もあったんですが、
そういえば調整したけど以降回してない風神竜で参加。
具体的にはシャイニングシールドを1枚積んでみました。
結果から言うと無いなって思いました。

8名参加の4回戦。
使用デックは風神竜。

では以下れぽ↓




1回戦 エセ外人さん ボダ雷神 投了勝ち


相手はトールさんがほんきだすデック。
書くまでも無いけど相性差が尋常じゃない。

初手2レベ3体スタート。
リカバリーは早め。
しかし相手が異常に事故ってる模様。

枠の数を数えると勿論スペル枠の方が多いので、
クロストルネードがなかなか切れない。
しかし冷静になってみると、
そもそも耐性的な意味で相手のスペル対抗で致命傷を貰う事は無いので、
落ち着いて1枚だけ握りつつ後は調整へ。

ベオウルフが相手の場を引っ掻き回し、本陣まで突撃しますが、
陥落できずに退場。
こちらの場が薄くなるも、盤面リカバリー速度で右に出る者が居ないのが風神竜。
序盤の相手の事故もあり、こちら山札半分ほどで相手引き切り。
盤面2レベ4体から、相手領土1~3に特殊展開したところで投了勝ち。

耐性ェ・・・。



2回戦 つうじいさん バードマン 投了勝ち


相手は1大会目で風神竜を使っていた側らしい。
ちなみに1大会目の優勝はつうじいさん。

初手にウィンドストームを握れている心強さ。
ストームからのブレイクタイフーンで隊長込みイニシ+9のパーティを撃破し、
可能な限り手札を調整して、2枚目のストームを引きに行く。
功を成してストームを握れて、続く相手の隊長パーティも撃破。
この時点で相手の加速ソースが全て落ちる。
後は先行取って殴るパターンとなり、投了頂きました。

開幕で高速展開できていれば分からなかったですが、
そんな余裕が無い回り方だったそうな。



3回戦 FOOLさん 夢魔 本陣陥落勝ち


相手は使用デックを夢魔か蟻かで真剣に悩んでいた方。
夢魔でいいと思います。

序盤、こちらなかなかの好手札。
対抗も充実していたので、リリス+ドレイクのパーティならと進軍したら、
相手がもっと手札強くて返り討ちに合う。

きっとそういう日だったんだと思う。

しかし、相手は初手が超強かったものの、
その後が超弱かったようで、
続く戦闘でほぼ対抗無く、本陣前を奪い返します。
じわりと展開しつつ、手札を整えます。
相手本陣に暫く英雄が出てこなかったため、
とにかく相手領土を2か所押さえて調整。
対夢魔でこの状況からの敗北パターンは、
相手が本陣受け>疲弊したところに英雄召喚>各個撃破
が最も分かりやすいため、急ぎ目に調整を。

相手本陣にそれなりの戦力で1度攻め、
ピンクウォームが出てきて対抗枠数が減ったところで全力進軍。
対抗連鎖をストームで締めて本陣陥落勝ち。

相手の手札に英雄が3枚。
モンコレであった。



最終戦 ししょー 神獣の乙女 本陣陥落勝ち


神獣と言えば聖剣伝説。
異論は認める。

先手を取られるも、
後手ジギタリス展開が成功し、先手後手逆転。
しかし対抗が追いつかず、あっさりと本陣前を奪われる。
本陣の戦力が薄めだったので、第一調整で戦力を整えるものの、
当然攻めに回る余裕はなく、仕方なく本陣で受ける形に。

その時不思議な事が起こった。

ししょーのイニシ+12のパーティに対し、
こちらイニシ+8パーティでちまさん先攻を取る。
先攻を取れた嬉しさの余りハードパンチャーと化し殴り出すちまさん。
明らかにここで色々と変わった感じ。
続くペガサス軍団もストームで処理し、
なんか耐性付けだす馬+神速隊のパーティを、
ペンギンがソニブ打って受けたりして本陣前まで。
相手が本陣受けの姿勢だったため、
ストーム2枚、トルネード、カッターを握って本陣陥落勝ち。

ちなみに自軍本陣戦を含んで、
先攻2回、同時1回あったはず。
2回先攻取られたらペガサスは厳しいですね。



結果ー、4-0で優勝。
わーいやたー。

賞品のパックからレッドホークが出たよ。
うれしくないですね。
ちなみに1大会目のパックからはヴァルトラウテでした。
びみょう。


何か2連戦どちらも風神竜が制してしまったので、
ちょっと風神竜メタっていこうかなと思いました。

あとシャイニングシールドはいらねーかなーと思いました。

それでは今回はこの辺りで。
スポンサーサイト
【2014/10/28 20:25】 | モンコレ-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
10/26 京都YS NS2連戦 前半戦 レポ
実は土曜日のアメの大会にも参加してたんですが、
1-1-1だった事だけは覚えてるものの、
一体何に当たったのかが全く思い出せないのであきらめた。
使ったデックはボダ吹雪だよ。
ボダ吹雪ばっかりだね。


というわけでYSの2連戦前半戦のレポ。

まずはショップ公認から。
参加者6名?
使用デックはボダ吹雪。

ボダ吹雪ばっかりだね。

では以下れぽ↓




1回戦 うぉーばるどさん 牛 本陣陥落負け


相手は牛デックです。
えぇそれはもう見紛う事無き牛デックでござった。

何と言いますか、相手の防御値が装備品込みで8点を超え出すと、
ぶっちゃけるとタイダル以外でアイテム対抗を処理できないでごわす。
水風にアイテム対策カードが存在しないのが悪い。
ブルーライトニングで2D高乱数引き続けるとか無理なわけですよ。
コフィンで誤魔化し続けるも、一向にタイダルを引かず、
引いてきたころにはもうどうにもならん状況に。
タイダルを魔力で打ち消されて本陣陥落負け。

アイテム対策どうにかしないといけないんですけどね。
どうにかするって、どうするねんという感じなのが問題。


最終戦 マサオさん BⅣバステト 本陣陥落勝ち

第(中略)戦。
バステト係はゆーさんだと思ってた時期が僕にもありました。

なんか初手がすごい。
ユニット6体。すごい。
しかも全部英雄。すごい。
更に2ペアが3組できてる。すごい。
まじすごい。すごい。

どうすんねんこれぇ・・・・。

とにかく順次ユニットを出していくパターンなんですが、
なんか最初の戦闘で、こちら結構手札強かったにも拘らず、
相手がもっと強くて余裕でしばき倒されます。
一応ゴールデンメインがその戦闘で2枚消費されたので、
今のうちにと思い、出来るだけユニットを倒していく方向で動くんですが、
ちまさんの才能が発揮されて、ブルーライトニングが4点固定値みたいな事になってしまい、
メインどころかクロークで防がれてしまう始末。

えぇねん。行動完了にしたかったねん。

でも相手のダイスは割と容赦なくて、リオネットが17点とか言いだしてくるわけです。
更にネメアまで出てきてしまい、可愛さの余り目の前が真っ暗になりそうなところを踏ん張りつつ、
主にテンペストクィーンで頑張ります。

途中、リオネット+4レベで合計攻撃基礎値6点のパーティのアリエスタへの進軍に対し、
手札にスノーボールがいたんですが、こいつを即時で出してしまうとネメアがどうにもならないので、
我慢してセルキーを即時したらちゃんと同時攻撃でした。
もうホントどうすんねんって感じでしたが、
テンペストクィーンと2体目のシルヴァラがスゲー頑張って防衛しつつ、両者山切れ。
ラストターンが相手なので、ギリギリ本陣テンパってたクィーンでネメアの本陣へ。
両者即時無しで、こちら先攻パンチからのネメア能力>プロテクションデュアルで陥落勝ち。

終盤だしお互い何にも残って無かったかーと思ったら、
相手の手札には特殊能力対抗ががが。
パンプからじゃなくて本当に良かった。


全勝が1名になったので2回戦で終了。
結果ー、1-1。
ふつう。

後半戦は人数が8人になって4回戦になったので、
また明日にでも書こうかな。

それでは今回はこの辺りで。
【2014/10/27 21:37】 | モンコレ-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
10/19 ブリックス NS レポ
ブリックス行く人を事前に聞いてみたところ、
聞いた人しか来なかったという悲しいパターン。
やはり日曜20:00開始は問題ある模様。

ともあれ、大会は成立するので試合はしますよ。

3名参加の総当たり2回戦。
使用デックはボダ吹雪。


では以下れぽ↓




1回戦 つうじいさん 風雷神 投了勝ち


268スペルデック対決。
昔ながらのモンコレっぽくていいですね。

初手のユニットが少ないなりにも、テンペストクィーンを引けているので、
何とかなる感じ。
と思って2体呼んで2枚引いたらテンペストクィーン。
護法陣張って手札7枚にして2体目のクィーンを呼んだら、
手札にユニットが0枚。
相手は後手ジギタリス召喚を成功させていて、
順当にユニット展開しておられる。

本陣から出れないし、迂闊に攻めれないパターン・・・ッ!!

仕方がないので本陣で受ける形に。
スペル枠が増えたクィーンじゃないと受けれないんだぜ。

何とかサイコカッター2枚で相手の本陣攻めを受け、
手札が回り出したところで攻勢へ。

対風雷神はこちらの8レベがかなり活躍します。
クィーンとシルヴァラの2柱を、前線と防衛に割り当て、
ボダ、アリエスタ等で盤面を作っていくのが理想的なゲームメイク。

とはいえ、ファントムクィーン対策に積まれているホエイルがいい仕事をするので、
こちらもスノーボール等で応戦しつつ、脇から攻め上がります。
途中で相手の英雄点でプラズマボールが2枚落ちる奇跡が起き、
こちらのシルヴァラの防御性能が破格級に。

クィーンは主に水スペルから優先的に使用していき、
風スペル、水風複合スペルをできるだけ他のユニットで使用できるように立ち回ります。
タイダル、アイスコフィン、ブルーライトニングがやはり強力で、
序盤は危ぶまれましたが、盤面を盛り返す事に成功。
こちらの攻めで相手の山が尽きたところで投了頂きました。

相手の引きを聞くと、どうやら最初の本陣攻めが全てだったようです。




最終戦 ゆーさん ガンロック 本陣陥落勝ち


相手は根性のガンロック。
俺が組んだタイプとは違い、2レベを多く採用している形。

またしても初手が微妙ですが、
今回もちゃんとクィーンで頑張ります。

クィーンのパンプコストで、サイコカッターなどを優先的に処理。
パンプ能力とアイスコフィンで序盤を凌ぎます。

ボダを引いてきてからはユニットに余裕が出始めます。
ガンロックパーティにボダ+スノーボールで攻めてガンロックを処理。
その後の蟲飼い+ピンクウォームのパンプからのパンチをタイダルで流すんですが、
タイダルシングルが7点出てたから良かったものの、
ここ完全にウォームの防御値4点だと思ってました。
ガンロックが居たから6点ですね。気を付けねばなりませぬ・・・。

その後は順調に展開。
シルヴァラとダイアモンドドラゴンで自軍領土を守りつつ、
ボダやアリエスタで相手本陣をチェック。
チェックはするものの、
序盤に調子にのってダメージスペルをクィーンのコストに使ってしまったので、
微妙に相手本陣を落とせるだけの火力が用意できません。
相手の捨て山を見ると、頑強や黒焼きがまだ残ってる感じ。
下手な攻め方をすると、山札的にも逆転食らいかねないので、
犠牲を払いつつも削りに重点を置きます。

相手のオズボーが単騎でこちら領土へ進軍してきたため、
自軍領土でも戦闘がちらほらと。
力自慢に攻める→即時で力自慢出てくるの流れに完全にしてやられる。
相手の岩が2回ともファンブルするという幸運に見舞われるも、
ボダの能力に対してロープ1D=6点と、ダイスの神様は平等であった。

お互いに結構カツカツな感じの終盤。
山札引き切りを様子見して護法陣を踏みませんでしたが、
先に相手が引き切り、続いてこちらも引き切り。
岩とロープも貰えたのもありますが、どの道行くしかないので本陣へ。

粉塵が2枚しか見えてなかったのでずっと警戒してたんですが、
クィーンで本陣へ行き、都合5ターン以上は手札に握り続けていた最後のスノーボールを即時。
結果、粉塵が無く本陣陥落勝ち。


スノーボールを引いた時点ではガンロック自体はどうにかなってたんですが、
ガンロックしか倒せないという状況でした。
横の4レベ倒せないので落とせないなり。
ダメージスペルの多くがダイス依存なのですが、
だからと言ってコスト等で処理しすぎるのも良くないですね。


結果ー、2-0で優勝。
ボダ吹雪はお気に入りなので、これで優勝できたのは素直に嬉しい。
と言ってもまぁ、参加者3人なわけですが。

ボダはまだ枚揃えれそうなので、
もう少し他のタイプも考えてみようかな。

それでは、今回はこの辺りで。
【2014/10/20 02:09】 | モンコレ-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
10/11 京都アメ NS レポ
朝から動いててお酒も入ったので、
書くのが夜になる現象。
別にいいけど。

土曜日のアメの大会のレポ。
台風的な気配全く無かったので進軍してきました。

参加者6名で3回戦。
使用デックはボダ吹雪。

では以下れぽ↓





1回戦 つうじいさん BⅤバードマン 本陣陥落負け


先日のレシピ記事にバードマンきついって書いたら当たるっていう。
流石ちまさんフラグ建築士です。

何か序盤から相手がユニットしか引かないらしく、
物凄い勢いで展開されて、
盤面がバードマンで埋め尽くされます。

いや、もうこれこの時点でマジ無理なんですけども。

手札にスプラッシュはあるものの、
他にスペルがプロテクション2枚しかない。
とは言え、行かざるを得ないわけですが・・・。
まぁ勿論の事進軍失敗。

後はひたすら防戦一方です。
途中意を決してイニシ+5のところに+4で攻め入るものの、
まぁちゃんと後攻取って無理な流れに。
英雄点でバイト等の細かいスペルが落ちてしまったのもあり、
ボダがコフィン打って誤魔化し続けますが、
流石にどうしようもなく、本陣陥落負け。

スプラッシュを増やす選択肢が浮上するものの、
2積みはちょっとなぁという感じ。
ユニットで対処できれば良かったんですけどね。



2回戦 イスマイルさん BⅣペガサス 本陣陥落負け


きっと今日はこういう日なんだろうと割り切るところからスタート。
またしても後攻前提で戦う感じ。

初手にテンペストクィーンしか居なかったので、
手札調整頑張りつつクィーンで受けるんですが、
まぁ残念ながら相手のパンチが諸々有って20点越えてしまい、退場。
本陣前を取られるも、なんとかこちら本陣にイニシ+6を準備できます。
フレーク2体+ダイヤモンドドラゴンで守り、
ドローでスプラッシュを引いて来れます。

相手エルルーン+ペガサス4体でこちら本陣攻め。
同時攻撃で本陣陥落負け。

モンコレしてないですね。



最終戦 musukoさん 842深海 本陣陥落勝ち


いつものデックでは無いですが、
どのみち深海である事に変わりは無い様です。

相手は深海地形で者どもを並べて、
フライングエストックで先攻取ってめっちゃ殴るデック。

どなたかは伏せますが、
「いつかの大会でブルースップラッシュ3枚積んでる人がいて、
3枚目打たれた時に、普段どんな環境でモンコレしてるの?って聞いたことがある」
というお話をされた事を思い出しました。

多分その人、こういう環境でモンコレしてたんだろうなぁ・・・。

序盤にスプラッシュが5点出てしまい、
エストックもろとも者どもを一層。
深海地形のリミットが10のため、
クィーンの枠が増えてなんかはしゃいでます。
ボダ+鍛冶師でスペルの消耗を抑えつつ防衛し、手札を整えて、
相手本陣にフレーク2体+アリエスタで飛び込み。
確定先攻から、者どもの群れに絶対零度スタートで本陣陥落勝ち。


結果ー、1-2。
京都でも小物で殴るタイプのデックを使う人はいますが、
だからと言ってスプラッシュを増やすのかどうか。
メイルの採用は流石に無いので、少し考えねばなぁと。


余談。

空いた時間に、イスマイルさんとフリー。
こちらボダ巨神、相手オシリス。

開幕から、こちら-2、相手+1修正のイニシ差3でこちらが先攻。
こちらも相手も嫌な顔をする。
その後もイニシ差2~4でこちらが先攻を取る事態が何度も発生。
全てお互い嫌な顔をする。
同時まで起きだし、お互いに戦線がぐだぐだ。
結局山札までもつれ込み、
1体のこったこちらが判定で勝利。

こちらは勿論後攻を想定して手札を整え、進軍先を決定し、
相手ももちろん、先攻を想定して、同じように立ち回る。
想定していた前提条件が双方共に崩れてしまい、
整えた手札が瓦解し、お互いが得をしない。
ただ試合がグダつくだけのゲーム。

遂にブシ環境ではイニシアチブ対抗の復活はありませんでした。
しかし、同時3連発で終了する試合や、
こういったどちらも得をしない試合が、
盤面をグダらせて、結果泥仕合になる。
こんな状況を目の当たりにすると、
もしモンコレが復活するのであれば、
やはりイニシアチブ対抗の実装を強く強く願わざるを得ません。

健全且つ建設的な試合が素直に楽しいのに、
ファクターが一つ無くなるだけで、
こうも不健全且つ非建設的な試合が発生しやすくなってしまう。
復活するといいなぁ、モンコレもイニシアチブ対抗も。


余談が少々アレな記事でしたね。
しかし書かずにはいられない。
お目汚し大変失礼いたしました。

それでは、今回はこの辺りで。
【2014/10/12 20:53】 | モンコレ-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
10/6 トレカタウン西院 NS レポ
ボダのデックでそこそこ納得の行く形のものができたので、
お仕事帰りに根性で進軍。

天気微妙だったし人いないかなーと思ったけど、
何とか成立。

参加者4名。
使用デックはBⅢボダ吹雪。

では以下れぽ↓





1回戦 七瀬さん BⅠ猫ドラジェ 本陣陥落負け


うーん、踏んでしまった。

相手の初手が割と普通だったので、
何とか序盤~中盤はそれなりな戦闘が出来ます。
ただ、あくまでそれなりなだけで、
基本的な枠数と、フリスキー+マグロがある分、対抗絶対数で不利。
正直ボダ引かないと話にならないんですが、
もちろんそんなに都合よく引けません。

幸運な事に、猫4体のパーティに対して同時攻撃が起き、
フリスキーとマグロ2本を持って行きますが、
その後相手本陣にドラジェ+フリスキーが揃ってしまう。

マグロが無いとはいえ、
1枠スペルが乱数依存で、最大火力がバイト8点。
タイダルは2Dなので期待も出来ますが、
能力に対しては無力。

マジでボダがアイスコフィン打たないと話にならないんですが、
余裕でどっちも引きません。
結局、そのまま直進されて本陣で対抗数を用意できずに陥落負け。

手札調整は気を使っていたにも関わらずこの結果。
まぁ仕方ないと言えば仕方ないのかなぁ。
チャンスはあったのに活かせなかったのが全てでしょうか。



最終戦 Fさん 勢力構築:氷結晶 投了勝ち


第(中略)定戦。
参加者4名なのでこれで最終戦です。

氷結晶ミラーはミラーなんですが、
ブロック構築と勢力構築の差が尋常じゃなかったです。

ブロック構築:ブルーライトニング有り
勢力構築:ブルーライトニング無し

序盤に出したテンペストクィーンがタイダルを打つと、
リップル、エンタングル、サイコカッター以外はまず止まらない。
というか、反撃パンプパンチを考慮するとカッターじゃないとまず無理。
パンプで切るつもりでずっとスノーボールとバイト握ってましたが、
結局使うことなくクィーンが退場。
ボダ対決で先攻取ってパンチしたら、
相手にスピリットコストが居ない不具合が発生したらしく。
この時点でかなり押し込めたんですが、
その後相手の最終戦力くさいマナティ+ウィンリィとの戦闘で、
悲しみの同時攻撃から両者全滅。
相手の手札がスペルだらけで召喚ユニットも居なかったようで、
投了頂きました。

ミラーは不毛というのは変わってないなぁ。
タイダルとサイコカッターを如何に上手く打って行けるかでしょうか。



結果ー、1-1。
ブロック構築で組みましたが、なかなかいい感じでした。
同時が相変わらず超怖いですが、
8-6-2構成で組んだので、先攻取りきれない時点で最早覚悟の上という。
ボダの参入で水枠が使いやすくなったので、
後攻取ってもある程度大丈夫なのが嬉しいですね。

レシピはまた後日。
気に入ったので、また暫く使って行こう。

それでは今回はこの辺りで。
【2014/10/06 22:39】 | モンコレ-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。