プロフィール

ちま

Author:ちま
きょーと在住のちびすけなスイーツ好き男子。
ネコとゲームをこよなく愛する変な人。
モンコレってゆーカードゲームをやってるカードゲーマー。
部屋はカードとゲームと服で溢れかえってます(笑
宣伝コメントが鬱陶しいので、禁止ワードを設定させて頂いてます。
禁止ワード「http:」です。
申し訳ないですが宜しく御願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

あしあと。

10 | 2010/11 | 12
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
「ちま」の生態記録所。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
全国大会 レポ
ちゃんとしたレポを書くのは久しぶりすぎますが、

自戒の意を込めて。


まずは全国大会、皆様お疲れ様でした。

自分は万全だったかと言われれば、

こちら1ヶ月調整どころかモンコレも触れていない状況で、

デックも当然ながら、C.B.以外の選択肢は無いという状態での参加となりました。


そんな状態で勝ちあがれるほど、全国が甘いわけが無いので、

記憶の許す限り、自身の醜態を記録。


というわけで以下レポ↓



1回戦:GJBBさん メディア 本陣陥落勝ち

相手はメディア。
こちら先手だが、初手トードのみ。
召還して手札回すも、まだユニットこず。
先手後手が逆転してようやく動き出す。
痛み分け的な同時があったりで、こちら展開できる機会が。
中盤、相手領土①の自軍パーティに相手のアリアオロパーティが進軍。
こちらナーガトードアーマーン。
こちら先攻で変化スタートからのトード、からの連鎖で相手の対象ミスがあり、
明らかに勝負の分かれ目となる。
そこから相手のメディアのコストでトードが落ち、
終盤には相手のトード、粉塵、ディスペルが枯れた状態で、
こちらパーティが相手本陣テンパイな状況。
時間も無く、初戦という事で、身を退かれました。


2回戦:一号さん メディア 本陣陥落勝ち

相手はメディア。ガチ戦。
序盤、ポセイドン同士のにらみ合いがあるも、
拒否ってこちらポセイドンは迂回を選択。
相手のポセイドンには押しにかかられるも、
ナーガコンボやステルスを駆使して除去。
妖精の輪を張り、手札アドを取り続ける。
迂回したポセイドンにステルスが続き、本陣をテンパる。
相手はメディア進軍から出したオーシャンロードをこちらステルスの地形へ。
即時でナーガ+トードを出すが、ここで同時攻撃。
ステルスを残したまま、オーシャンロードが相手本陣へ戻る。

全てを狂わす読み合い発生。
自軍本陣前も取られている状況。
ここから先、1手でも読み負ければ、お互いに終了するゲームに。
どちらも最終的には本陣攻め一択なだけに、読みが冴える。
相手のこちら本陣攻めはトード二体(だったっけ?)を含む堅めのパーティで防衛。
返すこちらのターン。
まずは自軍本陣前のパーティに、2体目のステルスを突っかける。
回収目的だが、不発。
となると次は相手本陣へ。
相手の即時2レベ選択肢は七海、シェイド。トードは無い。
パンプの可能性もあるので、こちらの七海+特別攻撃は機能しにくい。
ならば先攻ゲーだが、安定した即時を用意し、もし失敗した場合、
こちら本陣に呼ぶユニットはいない。
そして、こういう状況は嫌いじゃない。

退いて生きるな、闘って死ね。

本陣特攻、全力召還。
相手の即時はマーメイド。
結果先攻取り、ステルススタートからの対抗を制して本陣陥落勝ち。

正直な話、今回の全試合中、一番楽しかった対戦。
こういうギリギリの試合ほど、「勝負」を実感できる物は無い。


3回戦:Y蔵さん 水土風タッチ聖 山札切れ判定負け

2回ほど前の全国大会で、連勝を止められた相手と再戦。
初代王者にリベンジマッチなどと、自分如きがおこがましいにも程があるが、
こっちのデックが同じなだけあって、気合が入る。
しかし相手にもこっちのデックはバレている。

先手こちら。
ポセイドン、アーマーンと召還しエンド。
手札には妖精の輪と打ち寄せる波が。
何も考えずに速攻連張り。
相手の攻めを受けきり、返しのこちらターン。

開始5ターン目で、早速の人選ミス。
相手本陣にポセイドンと七海で進軍し、即時で七海をもう一体出した。
理由は、手札に封印、魔力、粉塵が1枚ずつあり、安定を図ったから。
しかし、確実に七海ではなく、シェイドを呼ぶべきだった。
相手の本陣はアンゴルボダとアーマーン伏兵と深淵。
深淵の防御を懸念しすぎて、実数値を把握できず。
また伏兵が特別攻撃を使う予想ができず、攻撃力に裂いた。
結果、本陣を防衛される。
その後、七海2体という決定力を失い、徐々に盛り返される。
相手のサルガタナスの自軍本陣特攻を、手札フル対抗で押し返す。
こちらも渾身のフィールドカウンターで相手本陣を狙うが、こちら山札が尽きる。
相手の山札も尽き、最後の本陣攻めをなんとか守るも、
こちらに相手本陣を落とせる体力は無く、山札切れ判定負け。


悔しかった。

素直にそう思えた事が、何よりも貴重だと思う。
前回届かなかった本陣に手が届いた。
前回守りきれなかった本陣を守れた。
もっと調整に時間を裂ければ、結果が変わっていたかも・・・
なんていうタラレバ話をする気は毛頭無い。

次は、打ち破る。


4回戦:陳宮さん ヘソ物量 本陣陥落負け

相手は原始のヘソを基点にしたユニットデック。
序盤、展開及び牽制のし合い。
流石に展開力で勝る事はできず、徐々に押し込まれるも、
こちらも隙間を縫って相手本陣を目指す。
中盤、こちらの前線パーティが同時で落とされ、
裏魔方陣「海」から、こちら本陣のポセイドン+スラッグのパーティに、
ステルス2体+トルネードホークで攻められるも、
ポセイドンにクラウソラス装備で防衛。
しかしこちらに攻め手は無いので、
元「海」だった代理地形に打ち寄せる波を沸き立つ元素配置し、
フィールドカウンターを狙う。
こちら本陣が薄くなるが、双方山札が少ない事もあり、
勝ちを狙うならこの一手しか無い。
相手ターン、相手側の渾身のこちら本陣攻め。

相手、ポリフェドロン、アーマーン伏兵
自軍、トード、ステルス、レインスラッグ、アーマーン抜刀

札が無い状況でポリフェを見てから後だし出来るユニット選択はこれしかなかった。
こちらが先攻なら防衛。スラッグで+1まで余裕はできる。
後攻なら殴り倒される。
いわゆるモンコレ勝負。


・・・結果、後攻。
本陣陥落負け。


5回戦:フェリドさん ニューク 本陣陥落負け

相手はニューク。
明らかに相性悪いのに相手初手ニューク召還とか終わってる状況。
こちらの回りは普通。
最初のニュークとの戦闘で奇跡の同時攻撃による両者全滅を果たすも、
相手ニューク2体目召還。ちゃんと聖杯も引いてる。
そして水には魔法生物が山ほどいる。
こちらはタイダルも粉塵もナーガコンボも引かない。
そっけないようだが、マジでこれしか書く事が無い。
本陣陥落負け。


最終戦:伊藤さん 錬金銃 本陣陥落負け

相手は錬金銃。
早速スティグマータ出現。
これは明らかに5回戦と同じ流れだが、タイダル引いてるからまだマシ。
しかし内容はスティグマータ無双としかいい様が無い。
そっけないようだが(ry
ちなみに粉塵はちゃんと代理地形と山札の底に埋まってました。
ナーガコンボは引きませんでした。
本陣陥落負け





結果、2-4(内山負け1)の24点、98位でした。

後半2戦が若干運ゲーくさい内容になってましたが、
全体的に、今回の全国は楽しかったです。
繰り返し言いますが、2回戦はマジで誰か動画撮れよって思うくらいいい勝負だったと思います。
読み合いハンパねー。

二日目はDFFのオフ会に誘われてたので、そちらへ。
帰りはみんなと合流して帰宅。
皆様お疲れ様でした。


アペンドも発売したので、これからBOX買って色々デックも考える事にします。
明らかにプレイ数が足りてませんね。
タラレバ話はする気は無いですが、
反省点として浮き彫りになるのも、また事実。

ここの更新速度があがるかどうかは分かりませんが、
(結構リアルに忙しいので)
なんとか食いついていきたいところ。


と、目標だけ書いて、今回はこの辺で。


最後に、優勝したヒデ、3位のエセ外人、おめでとう!
ヒデは決勝で当たった相手が全て全国優勝経験者であったにも関わらずの優勝、
お見事です。
モンコレ界最強は君だ。

俺ももっと頑張ろう。
スポンサーサイト
【2010/11/30 10:24】 | モンコレ-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
月1ブログといわざるを得ない。
書けよと。

スンマセン。orz


さて、先日残党ファイトに参加して参りました。

参加者の皆様、主催者様、お疲れ様でした。


正直な話、メタはシャチと白夜で回ってると思っていたので、

水バラもそれなりにいけるか?と思い、C.B.で参加。

モンコレをそもそもしてなくて、今から新しいデック組んでもなぁって感じだったので。


いやーしかし豪快に負けました。

2-3(内山負け1)でした。


初戦にシャチオズボーと当たり、何とか勝ったものの。

2、3戦目とシャチソニアに当たりフルボッコにされる。

やっぱどっちかっつーとソニアの方がキツいんですよね・・・。


水バラというデックタイプだけで考えれば、相当キツいんですが、

対策カードの比率を調整すれば、なんとか五分に持っていけそうです。

んで、どーせ多分全国もC.B.で出ます。

これ逃しちゃうと、もう使えなくなりますから。

英雄嫌いな自分にも、合ってますしね。



問題は対策比率。


デックコンセプトを崩さずに、ストレス無くデックを回転させ、

尚且つ現行メタ対象の対策が出来るカードを組み込む。


猶予はまぁ・・・10枚中、2~3枚ってとこでしょうか。

難しいですね。

どうせ英雄とか入れたとしても、限られますし。

どの道苦しい道のりなんでしょうかねー。



それでも、なんだかんだでC.B.が一番勝率高いデックなのは間違いない。

必要なのは各種対策と、盤面を動かせる腕と、一握りの運ってとこでしょうか。



今んとこ全部無いんスけどね。



さてさて、がんばりますかなぁ。

テーマ:モンスターコレクション - ジャンル:ゲーム

【2010/11/10 06:44】 | モンコレ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。