プロフィール

ちま

Author:ちま
きょーと在住のちびすけなスイーツ好き男子。
ネコとゲームをこよなく愛する変な人。
モンコレってゆーカードゲームをやってるカードゲーマー。
部屋はカードとゲームと服で溢れかえってます(笑
宣伝コメントが鬱陶しいので、禁止ワードを設定させて頂いてます。
禁止ワード「http:」です。
申し訳ないですが宜しく御願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

あしあと。

02 | 2015/07 | 08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
「ちま」の生態記録所。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
7/25、7/26 ドレッドノート 公認大会3連 レポ
1個ずつ書く気力があんまりないので、
3つまとめて。

最初は7/25の京都アメの公認大会。

参加者6名。
使用デックは赤黒で1-2。


1戦目 丹羽くん 黄黒 負け

赤黒デビュー戦。
相手キャスターはシダルタ&エイリッヒ。

スピードCのコード種類はほぼ同等ではあるけど、
そうそう都合よく後攻は取れない。
焼きと牛頭種の猛攻があるので先攻でもそれなりに戦えはするんですが、
如何せんハンド差が付いてくるとどうしようもなく。
殴りのケアを烈風でしなければいけないんですが、
眼光と天眼両方積んでる相手にはどの道通りづらく。
中盤でMユニットを引かず、ゴッドドロー8回を敢行するも全てミス。
どうしようもない。
詰めで蓮花連打で負け。

ギアチェンジをもう少し積極的に狙って行くべきだったかなと。
ゴッドドローはしなさすぎも良くないと思いますが、
勿論やり過ぎはもっとダメ。


2回戦 Tさん 青黒 負け

相手キャスターはレオナ&ヒカル。

これは流石に相手の方が遅いので、後攻取れたらラッキー程度に思うしかない。
序盤~中盤にかけてはアポロンを警戒しつつ立ち回るものの、
あんまり焼きを引けず、引いて撃ったらちゃんとレジストされる。
殴りは通りそうだったのでそのターンは何とかやり過ごしましたが、
後半に烈風を打たざるを得ない状況になり、
流石に通るだろうと撃った結果、ゴッドドロー1回でレジスト引き当てられる。

打たざるを得ない状況に陥ってる時点でダメなので、
これは仕方ないとかそういう問題ではなかった。
それまでのゲームメイクが悪いと考えるべき。

結局、焼きが通らずにそのまま殴られて敗北。


最終戦 木崎 黄単 勝ち

相手キャスターはリツコ&シダルタ。

ドレノやってるとは思わなかったけど、
なんか東京CSに見学だけいって、そこでルール覚えたそうな。

黄色相手というだけで安定して後攻を取れる。
順調にユニットを焼いていって、相手のハンドを枯渇させる。
流石に相性差もあり、ライフ削りきって勝利。


結果、1-2。
赤黒デビュー戦はボロボロでした。
帰って構築を見直し、マイナーチェンジとプレイング確認を経て翌日へ。

7/26
西院トレカタウンで公認大会。
参加者3名の総当たり。使用デックは引き続き赤黒。


1戦目 ばるどさん 黄黒ダミー 勝ち

相手キャスターはゲルダ&シダルタ。

相手が初手にネビロス2体キャストでBP110が4体並ぶ。
冷静に絆ゴモリーの能力でネビロスを狙い撃ちしていく。
相手のログが3以下になってから烈風で焼き、ダミー以外を処理。
影悪魔と蓮花が厄介でしたが、
主に能力焼きが通りやすいタイプのため、
両面にゴモリー+ウズメから、Sの猛攻通して勝ち。


2戦目 Iさん 青黄 勝ち

相手キャスターはヒカル&リツコ。

俺以外みんな天眼積んでる・・・。
初手に出てきたカーリーを、バーレーで衰弱付けてウズメで焼く。
後攻は安定して取れているので、
脅威はカルティケーヤⅡとアレスの追撃。
烈風と能力焼きでどちらも処理して、
アポロンを警戒しながら殴り、アテナの盾を消費させていく。
詰めで230点くらい殴って勝利。

結果、2-0。


続いて白梅での公認。
参加者はさっきの2人と1人増えて4名でトナメ。
使用デックは引き続き赤黒。


トナメ1戦目 Iさん 青黄 勝ち

相手キャスターはヒカル&リツコ。
というかさっきと同じ。

立ち回り方は同じだが、
中盤に相手のライフが2-1で残り、こちらは片側0-3で残ってしまう。
アポロンが通ってしまうとそのまま試合が終わる可能性があったため、
防衛目的の焼きを繰り返し耐える。
終盤に良い感じのタイミングで眼光を引き、
ハンドに金剛、魔風と共に握れて、リアクション面で有利に。
最終2ターンで何故か先攻を取れて、猛攻に物を言わせて勝利。


トナメ決勝 やなっぷくん 赤青 勝ち

相手キャスターはユイ&ヒカル。

序盤から終盤まで一貫してアポロン警戒体勢。
序盤の殴り合いで増強合戦からの殴り負けをしてしまい、片側ライフ0に。
烈風もアポロンも両方通せなくなり、慎重に立ち回る。

中盤、防御策が無い状態で烈風をゴモリーに打たれるも、
何とか眼光で殴りをケアし、両者ライフ0-2の状態へ。

勿論お互いゴッドドローをしているため、
終盤には両者ともに焼きを打ってられるようなログの余裕はない。
焼きが通って何も無いなら、そりゃどっちにも勝ち目はあるんですが、
多分、4コス払ってログ消費してたら、負けてたと思う。
最後の最後にウズメをキャストする事ができ、
能力焼き>覚醒+30耐え>金剛が通り、
相手の殴りを魔風で耐えて投了勝ち。


結果、2-0。

白梅の最終戦は凄く濃密な内容で、めちゃくちゃ勉強になった。
赤黒の動かし方もそこそこ慣れてきたので、
2弾発売までメインで使って行くつもり。
結構難しいデックタイプなので、もっと練習しないとなー。


それでは今回はこの辺りで。
スポンサーサイト
【2015/07/26 21:24】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
性能限界
3連休中に何度か大会に参加しつつ、
東京CSの生放送を視聴したりして、少々思うところがあり、
黒単に拘るのを辞めました。

主に生放送で決勝戦の試合を視聴した際に、
本当に、本当に思うところが多々あり、
急遽ES氏を捕まえて1日スパーに付き合って頂く。
感謝。


やはり京都でそこそこ勝ててしまっているのが問題。
完全に腕の差で叩き伏せられる経験が不足している。
俺には最初からプレイングがあるわけでは無いので、
ここからでなければ、絶対に成長はありえない。
このままだと、関西での大きな大会に出たところで、
たかが知れてるだけ。

負けない試合をしつつ、勝ちに行く腕を磨かねば・・・。

暫くは、そういった意識を持った上で大会に参加していこうと決意。


がんばろう。
マジで。
【2015/07/20 23:19】 | ドレッドノート | トラックバック(0) | コメント(0) |
7/18 ドレッドノート 京都アメ ショップ大会 レポ
昼から天気が回復してたので、京都アメの大会へ。
台風ってすごい。
鴨川ひどかった。


参加者5名。使用デックはいつもの黒単。

さくっと以下れぽ↓



1回戦 FOOLさん 黒単 勝ち

相手はモンコレからのお付き合い。
黒使い同士は惹かれあうのです。

タイプとしては同じ甲殻メイン型。
先手後手の勝負では、ややこちらが多く後手を取った印象。
相手が先手確認からウコバチをキャストして、
能力でステ差をフラットにされる。

とは言え、攻撃回数が減っているため、
あぶれたS1体のパンチを組み込ませた時だけ無理しないようにプレイ。
中盤からは魔風連打によるユニット除去を警戒しつつ、魔弾を打ちこむ。

片側ライフ0に出来ていたため、
ウコバチで衰弱付けられていたものの、
相手パンチ>キャスター受け>魔弾からの全力パンチで勝利。

後手の取り合いではありましたが、
お互いほぼギアチェンジ無しだったので、
やや多くこちらが有利になれる回数が多かったのが有り難かったですね。


2回戦 初めましての方 青黒 勝ち

相手は大会初参加という初心者さん。
でもデックは青黒。
まじか・・・。

この試合はほぼこちらの運がいいだけの試合だった気がします。
スピードチェックでほぼ全て後手取ってた。
青黒相手といえど、この好条件で初心者さん相手ともなると、
流石に負けるわけにはという感じ。

結局最後だけ先手とったけど、
それまでの差がハンパ無くてそのまま押し込んで勝利。

「やる人がいなくて・・・」と仰ってましたが、
また大会にも参加して頂けるといいなーと思います。


最終戦 Tさん 青黒 負け

流石に青黒2回踏んで両方勝てるだけの技量はまだ無いんじゃないかしら・・・。

2回戦とは真逆の流れ。
こちらがガッツリ先攻取ってしまうパターンです。
神様は平等であった。
いるなんて思ってないけど。

先攻を取り続けますが、可能な限り矢>魔風の除去だけ警戒。
どちらにせよ相手のゴモリーの甲殻があるので、
S2体でのパンチはあんまりやりたくないです。
ベリトを呼べて先攻でもそこそこ殴れはするようになったんですが、
相手の殴りをさばき切れず。
結局押し切られて敗北。

ギアチェンジでCをぶつける感じになるんですけども。
それでもスピードCの総量が青黒の方が上なんですよね。
運ゲーに持ち込まなければいけませんが、
運ゲーに持ち込んだところでまだ不利。

できる限りの対策はしてるんですけども、
やっぱそれでもキツイですね。


結果ー、2-1。
優勝者がカーリー選んだら、抽選でベリトが俺のところに。

愛されてる。

参加費分のパックも頂けました。
優勝者は3パック、俺ともう一人が1パックずつ。
バリバリーしたらベルゼブブ。

・・・愛されてる。


オチもついたので、今回はここまで。
日曜は東京CSですね。
関西から行くお友達の皆様には、是非とも頑張って頂きたいところ。
応援しております。

明日は西院の方の大会に進軍予定。
がんばるぞー。
【2015/07/18 21:51】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドレッドノート 赤単反響型 レシピ
身内には昨日晒したんですが、
赤は2種類組みたいので早めにメモ。

ちゅーわけでサクっといきましょい。

以下れしぴ↓




赤単反響型

<キャスター>

恵比寿ユイ
三取タイガ

<ユニット>

アメノウズメ*4
サルタヒコ*4
葛城 弐*4
松坂 弐*2
M 14枚

鞍馬*4
葛城*4
飛騨*4
クシナダヒメ*2
松坂*2
S 16枚

<コード>

神通力 金剛*4
神通力 水鏡*4
神通力 烈風*4
神通力 迦具土*3
神通力 鎌鼬*2
神通力 雷火*1

レジスト*1
プロテクション*1




いじょう。
ちょっと後ろ向きかも。

焼き型ですが、それでもチヅルの採用はありませんでした。
効果値が違いすぎる・・・。

焼くのは焼くんですが、焼き方に気を付けて動く感じ。
ヘタしたら焼きより増強する方が多いかもしれない。
焼きを通すのか、殴りを通すのかって感じでしょうか。

受け性能が低いので、松坂弐の採用。
100を受けれるというのは大事。

烈風と鎌鼬の枚数が最初は逆だったんですが、
「殴りを通すための焼き」という役割を鎌鼬では果たせなかったため、
烈風が4枚に。

クシナダはいても居なくても別にいいので2枚。
最終的には、ウズメとサルタヒコで殴るんですけどね。


こんなところでしょうか。
焼きは結構プレイングが求められる印象。
焼き方の練習目的で、フリーで使って行こうかなと。


それでは、今回はこの辺りで。
【2015/07/15 00:25】 | ドレッドノート-レシピ- | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドレッドノート 黒単甲殻型 レシピ
とりあえずドレッドノートの方でも、レシピ記事を書いて行く事に。
いつもの事ですが、レシピ記事にメモっとくと解体しても戻せるのが良い感じですね。

とりあえず最初はメインで使ってる物をひな形として。


では以下れしぴ↓




黒単甲殻型


<キャスター>

レオナ・メリタ
エイリッヒ・ダルマイヤ

<ユニット>


ゴモリー*4
ペイモン*4
ベリト*2
シルトⅡ*4
14枚


バーレー*4
ヘルム*4
シルト*4
ザルク*3
ウコバチ*1
16枚

<コード>

バルバトスの魔弾*4
ベルゼブブの魔風*4
ベリトの闇の鎧*4
アスモデウスの眼光*3
マルファスの鳴動*2
プロテクション*2
レジスト*1
20枚


いじょう。

一応、現状のレシピ。
少し前まではペイモンが足りなかったり、
プロモのベリトがまだ配布されてなかったりで少し違いました。

黒というだけで勝率はそこそこ高いです。
青単に微有利、青黒に不利という感じですが。

ベリトとペイモンのおかげで、先攻でもある程度戦えるように。
ウコバチは能力ではなく、BP80にコスト払ってる感じ。
ベリト投入の結果、やはり少し重くなってしまっているため、
眼光を3枚にしてプロテクションを2枚に。
もとは眼光4、プロテク1だったんですが、今のところ然程影響は無い感じ。
ウコバチも2枚から1枚に減らし、全体的にコストを絞りつつ、
ノーコストユニットの覚醒+30も狙う形に。
ディスペルは打ってられないので、ベリト投入とレジスト1枚、
後は対焼きのプレイングでカバーしていく感じ。

個人的には納得の行く仕上がりになっています。
調整するとしたら、鳴動の枚数をいじるくらいでしょうか。
その程度なので、暫くはこのまま使ってると思います。

気が向いたらその内他の色のレシピも記事化してみましょうかね。
フリーでしか使ってませんけども。


それでは、今回はこの辺りで。
【2015/07/13 22:47】 | ドレッドノート-レシピ- | トラックバック(0) | コメント(0) |
7/12 ドレッドノート 西院&白梅2連戦 レポ
時間と地域がいい感じにハシゴできそうだったので、
2大会連続参加。
原付って便利。

西院>白梅の順に参加。

まずは西院。
4名参加の2回戦。
使用デックは黒単。


では以下れぽ↓




1回戦 マサオさん 青単 勝ち

京都同名王者決定戦はモンコレの枠に収まらない。
俺も相手さんも本名がマサオなわけではありませんが。

相手キャスターはアリス&アルフレドだったはず。←
初手ニケスタートの美しい流れ。羨ましい。

矢と怒涛に気を付けつつ立ち回り、
序盤で相手キャスター片側をライフ0にする事に成功。
アテナの殴りは脅威ですが、
相変わらずマトモに相手をする気が無いちまさん。
盾2枚使用とかでこちらの殴りを防がれますが、
相手のログ枚数を見計らってアテナに衰弱付けて1体殴り倒す事に成功。

終盤の詰め、魔風で生存キャスター側のSを狙い撃ち。
残ったバーレーが本体を70点殴る>怒涛>レジストで勝利。

相手の本体が空になったターンで、
実はこちらの生存キャスターも空でした。
これ、怒涛読みが当たってたから良かったものの、
プロメテだったら負けてますね。

詰め切れてない・・・。


2回戦 ばるどさん 黒黄ダミー 勝ち

まさかのダミー。
というか、何故かこの4人中、2人がダミー。
何これ流行ってんの?

相手キャスターはゲルダ&王子。

またしても序盤に片側キャスターのライフを0にできる。
が、残念なことにこちらも片側死亡。
展開が速い。

殴り合いでのリアクション連鎖の結果、相手ログが3枚以下に。
ここぞとばかりに生存キャスター側のネビロスに魔弾を打ちこみ、
相手の増強忘れもあって、エイリッヒで溶かしきります。

本体殴って勝利。


2-0で優勝。
賞品選択はホロベリト。

続いて2大会目。
ビデオインアメリカ白梅での大会。

使用デックは引き続き黒単。
参加者3名の総当たり。


1戦目 ばるどさん 黒黄ダミー 勝ち

お互いさっきと同じ。

序盤、引きが死にまくり。
初手キャストがゴモリーとS3体。
ハゲそう(^q^)

早々にこちら片側キャスター死亡。
いや、もうこれしゃーないて・・・。

スピードCのコード枚数差が尋常ではないというか、
そもそものコード枚数差がシャレになってないため、
こちらがほぼ先行取らされるパターン。

魔風、魔弾、眼光を相手ログ枚数を見ながら通るように打って行き、
何とかライフ差を1-1のイーブンまでもって行きます。

最終ターンでこちらの魔弾が通り、
相手のネビロスにヘルムとバーレーのS2体140点>蓮の華>覚醒30で勝利。

相手の天眼1回でも通ってたら確実に負けてた・・・。


2戦目 やなっぷくん 黒単ダミー風味 勝ち

相手キャスターはゲルダ&エイリッヒ。
何これ流行ってn(ry

まさか2大会合計で4回ゲルダを見かける事になろうとは・・・。

とはいえ相手はあくまでもダミー風味。
事故率低下のための採用らしく、普通にユニット4体並んできます。

こちら初手に魔弾と、コスト無しMとSが2体ずつ。
迷うことなく魔弾ぶっぱ。
開幕1ターン目の魔弾は天眼でしか防げないのです。

開幕から盤面有利を取りますが、
なんか次のターンもドローしたら魔弾。
相手のスピードカードだったか、バーレーコストだったかでディスペルが見えたので、
警戒しつつ、ログが4枚以下になってから再び魔弾を通します。
これで標的が片側キャスターのみに。

次のドローでまたも魔弾。
どんだけ魔弾くるねん。

しかし、キャスト終了時に両者ともログは6~7枚起きています。
ディスペルがあるなら通らないんですが、先攻は相手。
こちらは生存キャスター側のザルクⅡにバーレーで弱体を付与。

相手の2体殴りを片側のライフ1のキャスターで受け。
アタック回数を残したまま、三度目の魔弾を打ちこみます。

通ればほぼ勝ち、通らなくても相手のログが5枚寝てアタック回数3回以上。
結果、ディスペルがありログが5枚消費されます。
こちら残りのログは1。

相手の殴りをSで受けて、生存側のユニットをゴモリーとペイモンで殴り、
空になってログフルタップの相手に増強2回通したヘルムで殴って勝利。


結果ー、2-0で優勝。
賞品はホロベリトを選択。
これでホロベリトが4枚になったので、ひとまずノルマ達成。

なんかダミーが多かったので新鮮でした。
二日連続、3大会全勝なのはいいんですが、
正直プレイングが雑な部分が自分で目立つので、
まだまだ精進が足りないなぁという感じ。
出れる大会はどんどん出て、経験値稼いでいきまっしょい。

それでは今回はこの辺りで。
【2015/07/12 20:49】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドレッドノート 7/11 ブリックス レポ
お久しぶりです。
ちょっと寝過ぎてました、すいません。
と、誰に謝るでもなく・・・。

モンコレサポート終了後からは、パズドラTCGを経てドレッドノートをプレイ。
パズドラは大会行っても参加者居ないってケースが多すぎたので辞めました。

ドレッドノートの方は結構大会参加してたりで、
なかなかマジメにやってる感じです。

というわけで今回はドレッドノートのショップ大会のレポ。


参加者7名、デックは黒単。

それでは以下れぽ↓





1回戦:しゃみさん 赤単 勝ち


相手は初めまして?の方。
もしかしたら以前にどこかでお会いしてるかも。

相手のキャスターはレイジとタイガ。
どうやらスサノヲ型。
こちらはレオナ&エイリッヒの甲殻型。

序盤からベリトを呼べて、焼き面に対して揺さぶりをかけれる模様。
とはいえ、スサノヲの殴り火力にマトモに付き合っていては、
いくら甲殻型と言えども疲弊度がハンパ無いですし、
いつまでもキャスター受けしてたらすぐに死ぬわけで。

というわけで、S受けで。
Sを犠牲にはしますが、Sが死のうが死ぬまいがとにかく魔風をスサノヲに貼り付けます。
強化を弱体で相殺しつつ、1体潰してはもう1体が・・・。

幸いな事に、中盤までには相手のキャスター片側がライフ0になってくれていたため、
序盤にS受けをメインにしていたのもあって、
終盤でのキャスター受けで1手有利に動く事ができ、
最終的にスサノヲを2体で殴り倒して勝利。

マルファスがいい感じでしたが、
水鏡を見かけなかったのと、
焼かれた回数が少なかったのが有り難かった感じでしょうか。

スサノヲの召喚コストを考慮しても、
殴りあいの中でのリアクション連鎖でコストが寝てしまえば、
焼きが通る事は少ないかもしれませんね。



2回戦:Tさん 青単 勝ち

ドレッドノートを始めてから、何度か対戦した事のある方。
キャスターはアリス&ヒカル。
ギアチェンジを積極的にしてくる印象。

なんだか序盤の引きが弱いらしく、
初手ニケからのドローでも微妙な顔をしてらっしゃる。

気が付いたら2~3ターン後には、
こちらライフ6、相手ライフ1とかいう状況に。


一体何が・・・。


圧倒的に有利な状況なのですが、
怒涛が1発通ればこちらも片側即死の危険性は常にあるわけで。
さらに、こちらの致命的にミスもあって大分試合が長引いてしまう。
具体的には、魔弾通すためのコストにエイリッヒ使ってしまった点。
ライフアドは取れているので、ゴッドドローをしなければいけない局面でも無かったのに、
ゴッドゴロー意識してエイリッヒを使い、
アテナを溶かせなかったのが大きかった感じ。
結局山札切れまで長引いてしまい、
最後の最後でギアチェンジ>後攻とって、
先に相手がデックアウトからのライフアウトで勝利。

詰めの甘さが露骨に出てますね。
精進せねば・・・。



最終戦:グリさん 青単 勝ち


まさか居るとは思いませんでしたが・・・。
何かご実家がすぐそことの事。
納得。

キャスターはアリス&ヒカル。

この試合はこちらの引きがかなり良かったです。
殴りに対してのリアクションにマルファスを合わせつつ、
序盤の盤面有利を取ります。
次のスピードチェックで魔風がめくれます。

あっ(察し)

相手のS2体パンチに対し、スピードからの魔風>ハンドからの魔風
でS1体を処理。
残ったアテナを殴り倒してライフ削りきって勝ち。

10分くらいで終わったんじゃないかな・・・。

ハンドからのダブル魔風は正直想定できませんが、
スピードチェックで魔風がめくれた時は意識した方がいいかもなぁと、
魔風打った側が学んだ試合でした。



結果、3-0で優勝。

賞品はベリトを選択。
黒使いとしては光ってるのも4枚所持したいところ。


シングルでペイモンを購入して、これで4枚に。
良いのか悪いのか微妙ですが、投入してみましょう。


今後も大会毎にレポなりデックなり上げて行こうかな。
気力があればですけども。

まぁ、東京CSは参加できませんので、
暫くは気楽にやっていきましょうか。


それでは今回はこの辺りで。
【2015/07/11 22:55】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
寝坊助
いつまで寝てんだ。


さっさと起きろ。
【2015/07/10 00:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。