プロフィール

ちま

Author:ちま
きょーと在住のちびすけなスイーツ好き男子。
ネコとゲームをこよなく愛する変な人。
モンコレってゆーカードゲームをやってるカードゲーマー。
部屋はカードとゲームと服で溢れかえってます(笑
宣伝コメントが鬱陶しいので、禁止ワードを設定させて頂いてます。
禁止ワード「http:」です。
申し訳ないですが宜しく御願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

あしあと。

07 | 2015/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
「ちま」の生態記録所。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
8/29 ドレッドノート トワイライト・ハウリング雑感
雑感といっても、思った事を書きなぐるだけになりそうですが。

さて、今回の購入は4BOXとシングル3枚ほど。
C、U辺りはまた買い足すかもしれませんが。


全体的に微妙な感じでした。
強化された色は、黄、赤、青。
黒は平行という感じでしょうか。

強化はされたものの、
全体のカードパワーだけの話をするなら、1弾の方が優秀なイメージ。
勿論、強いユニットやコードも出てるんですが、
「これほんとに使うの?なんでデザインしたのこのカード?」
ていうのもちらほらあって、±0感がヤバいです。

赤は新キャスターのツナデがいい感じですね。
というか、既存キャスターが残念なだけかもしれませんが・・・。
個人的にはイワツツノヲが評価高いです。こいつはめちゃくちゃ強いです。
ただ残念な事に鹿がそんなに強くないです。
というか弱いです。
鹿メインで構築するとタケミカヅチが出てきますね。
なんでタケミカヅチに絆の対応キャスターが居ないのか・・・。
実装が待たれる。

青は本当に強化されましたね。
細かいユニットはパッとしないんですが、
コードが凄いです。殺す気しかないです。
月光矢とか「コイツ何言ってんの?」っていうテキストで思わず笑ってしまうレベル。
きまぐれもめっちゃ強いですね。
起きてるMサイズ引っ張ってきてタコ殴りにできる。
ユニットではエリスが、条件付きとは言え強力です。
個人的には赤青の救世主だと思ってるんですが、どうでしょうね。

黄色は強化された方向性が何故かダミー。
しかし、実用性のある1ログコードが増えたのは素直に強化でしょう。
ダミーという面で見ると正直弱いと思ってます。
ヴァーユとカーマは使えそうなんですが、
ヴァーユより俺はカーマかなぁ。
何と混ぜるかと言われたら悩みますけど。
ただ、俺は黄色最強のユニットはカーリーだと思ってるので、
カーリー軸にした黄色メインのデックは考えておきたいところです。
だからといってドゥルガー入れるかって言われたら、
多分入らないんでしょうけど。

さて、俺のメイン色の黒。
混色としての強化は正直ほとんど無いです。
まぁ1弾暴れすぎましたから、当然でしょうけど。
ただ、単色としてみると強くなりました。
ヴアルの登場で、先行取っても選択肢が増えたのはいい感じです。
キャスターのヒルデも、先行時の選択肢という観点なら、悪くないキャスターです。
ただ、優先度でレオナ、エイリッヒ、ヴォルフ等に負けているため、
実際の採用は難しそうです。
ジョージアはキャスターとして見ると優秀だと思うんですが、
残念ながらマルファス、ハルファスが環境に追い付いていないため、
恐らく使用する事はないでしょう。
ゴッドハルトもダミー方向という点で、使用する事は無さそうです。
ラートリ等でややメタられてしまっているので、
これまでに比べて少々当たりが苦しいのは仕方ないでしょうね。
あ、黒で一番うれしかったのはファーネです。
こういうの待ってた。


こんなところでしょうかね。
あんまり根詰めて書くと、止まらなくなりそうなので。

日曜は大阪のチーム戦に出撃します。
チーム組んで下さる皆様、よろしくお願いします。
足引っ張らない様に頑張ります。
スポンサーサイト
【2015/08/29 01:25】 | ドレッドノート-カード考察- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/24 ドレッドノート 京都レストア 公認大会 レポ
8月は土日以外にも月曜と火曜に大会があります。
ありがたい事ですね。

まぁ、明日は雨っぽいので恐らく行きませんが・・・。

残念ながら人が多い地域のお店では無いので、
もっと賑わってくれればなぁと思う次第。

参加者2名。
使用デックは呪われた青単。


では以下れぽ↓



1戦のみ ししょー 赤青 勝ち

どうみてもいつもの二人である。
相手キャスターはチヅル&ヒカル。

開幕から不思議な事が起こった。
初手に1枚だけあったアテナが、
1ターン目のスピードチェック終了時になぜか3枚になっていた。

何を言ってるか(ry

こいつホンマ無いわ・・・。

何とかアテナを出さずにプレイできたので何とか戦えましたが、
アテナばっかり引いてニケを一向に引かないため、
余裕でハンドが増えません。
ニケさえ引ければ投げ捨てるアテナはいるというのに・・・ッ!!

そんなこんなですが、フリー覚醒なりで頑張って戦います。
アポロンと怒涛で殴りを縛ったり、雲握ったりで、
デック相性的には有利なので、それに物を言わせていく感じ。
ていうか相手が全然S引いてません。
なんかししょーいつもS引いて無い気がする。

とは言えこちらも序盤にドローブーストできてないので、
戦線がカツカツです。
相手の残ライフが2-0になったところで、
こちらもアリス側のライフを放棄し、3-0へ。

最終ターンで露骨なゴッドドローを敢行し、4ログ残して相手のライフを1枚削り、
プロメテで起こして殴って勝利。


1戦のみなのでこれで終了。
あっさりだったのでフリーで2戦ほど。
お互い1回ずつ黄単を使い、
お互い1回ずつ絶望するという儀式を経て解散。


決して青単が嫌いなわけじゃないんです!!
ただ自分が使う時の空気読めないアテナが嫌いなんです!!!11!!!!1!!1234

新弾の公開情報から、黄色の強化幅が凄いという話をちょくちょく耳にして、
メタの一角にもなるだろうという意見も聞きますが、
個人的には青単の強化幅の方がヤバいと思ってます。
赤も黄色も同じくらいには強化されているという気はするのですが、
ぶっ飛んだパワーカードがまだ見えていないイメージ。
しかし青には既にヘラクレスとエリスが見えている。
パワーカードという点では、この2枚を核にするだけでデックが組めて、
怒涛、ハーデス、きまぐれのためだけに単色を選択しても一向に構わないパワーが既にあります。
尚且つ、ユニットのタフネスという点に於いて、
マルス型はアテナ軸の青単にも引けを取らないと思います。

・・・ドローソースの有無を除けば。

先手後手の回数も影響するでしょうが、
恐らく直接対決する場合は、ハンド差でアテナ型が有利を取れるでしょう。
ただ、個人的にはアテナ型が本当に肌に合わないので、
新弾出たらアテナ型からは一度離れるつもりですが。

さて、俺のメイン色である黒に関してですが、
正直今現在、目立った強化がありません。
ダミー方面で強化されてはいますが、ダミーで戦う気が全くといっていいほどありません。
ダミー強化ユニットがどれだけ出ようと、ダミー強化コードがどれだけ出ようと、
ログコスト消費無しでリアクションを挟める有効覚醒の有無は、かなり大きいです。
タイプ覚醒が増えた新環境では、猶更その差は広がるのでは無いでしょうか。
デック内の有効リアクションカードのほとんどがコードに依存してしまうので、
ゴッドドローをする度に、ログコストとの戦いになるであろうと思うのですが・・・
はてさて。

あと、気になるのはユニットの基礎BP。
公開されているユニットは、100ラインが大半な気がするのですが・・・。
基礎BPって、思った以上に大事ですよ。
新弾で出た基礎BP100のカードは、
1弾で出てる基礎BP110のカードに対して、どこまで戦えるのでしょうか。
その辺りも含めて、新弾が楽しみですね。

1戦のみのレポート記事の割に、雑談が多くなってしまいました。
今回はこの辺りで、締めさせて頂く事とします。
それでは。
【2015/08/24 22:19】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/23 ドレッドノート ビデオインアメリカ白梅店 レポ
環境が変わる前でも、プレイング向上はせねばなりませぬ。
というわけで大会参加。

参加者6名のトーナメント。
使用デックは赤黒。


では以下れぽ↓



1回戦 丹羽くん 青黄 勝ち

相手キャスターはシャンティ&ヒカル。

特に細かい内容は覚えてませんが、
相変わらずアポロン警戒態勢で進めて行く感じ。
こちらの殴りに対しての防衛手段が豊富であるのと、
天眼搭載という事もあり、ある程度はアビリティ焼きを使っていく流れ。
烈風で天眼誘って眼光通すみたいな動きで守ります。

片側ライフを削り切った頃にアナンタが出てきます。
3体殴りくらいで処理しようかなとも思いましたが、ほっとく事に。
アナンタのアビリティ焼きに対しては、覚醒含めてBPアップコードがそこそこハンドにあったため、
素直に生存側キャスターを殴ります。

最後の最後で魔風連打をねじ込み、殴り切って勝利。


準決勝 初めましての方 黒単 勝ち

相手キャスターはエイリッヒ&ヴォルフ。

序盤に物凄く悲しい事件が起こる。
具体的にいうと、ヘルムⅡに対して反響烈風180点を打ち込むと、
闇の鎧が2枚飛んでくるが、足りてないので相手がログ全部ゴッドドローをするも引けず。
しかし盤面をよく見ると隣にヘルムが居た、という事件。

お互い全く気付いて無かった・・・。

仕方が無いのでヘルムⅡ生存の後、そのままプレイ。
すいません・・・。

不本意ながら有利にはなりましたが、相手の丁寧なプレイにより、
ライフ差が追い付かれてしまう。

両者片側ライフ0状況で、終盤にバーレーを2枚いっぺんに引く。
何とかこれで手札の闇の鎧が機能を果たし、かちあげの成功率が上がるように。
ゴモリーかちあげから、殴って勝利。

盛大なログ消失事件が無ければ、勝敗が変わる可能性も充分あったので、
とにかく盤面はしっかり見ようと思いました・・・。


決勝戦 初めましての方 赤黒 勝ち

相手キャスターはエイリッヒ&ユイ。

どうやらゴモリーは搭載されていない模様。
と思ってたら初手キャストにスセリヒメ。
焼きコード重視タイプのようです。
こちらは初手キャストが弱く、MSSSでネームド無しの並び。

相手先行で鎌鼬宣言。
耐えれるのは耐えれますが、どうやって耐えるか。
雷火を警戒すべきかどうかってところなんですが、
もしあったら金剛なりが無駄になる上にスセリがブーストしてしまうので、
ログフルタップでもレジスト使用で耐える事に。
そのターンは何とかやり過ごし、次のターンから態勢を立て直して反撃へ。

相手のログを見計らいつつ、眼光等で殴りを捌いていきます。
こちらが烈風打ったターンは、殴りのケア目的で相手も烈風打つという流れ。
終盤、相手ライフ2-0でこちらが2-1。
こちらは焼きコードが通ればほぼ勝ちですが、烈風を打てる余裕は無い感じ。
ライフ受けでそのターンをしのぎ、ライフ差は2-0:2-0で最終ターン。
こちらは盤面にバーレーを2体並べ、ファストで相手生存側のバーレーに衰弱2枚付けて縛りに。
殴りあいの後、アクションで魔風をバーレーに打って溶かしますが、
その後相手のウズメによる反響鎌鼬100点を、
こちら生存側飛騨弐に宣言され、相手残りログ2。
こちら覚醒は無く、BPアップコードはあるにはあるが、やはり雷火は警戒すべきなわけで。
これをスルーして隣のSで殴ってもぎ取りに行くかを考えた結果、
雷火があった場合は相手の2ログが1ログになるが、
スルーした場合、魔風2連でも無理。
魔風が1枚あればSの殴りでは届かないが、まだ目はあるため、
雷火があるならここで使って頂かねばならないということで、闇の鎧で+20。
結果雷火もなく、飛騨弐生存。
空になったところを2体で殴って勝利。


結果、3-0で優勝。
決勝のラストターンは結構悩みました。
雷火があったら恐らくこちらの殴りには魔風だっただろうと思いますし、
バーレー1体では魔風考慮ではライフ2枚も持っていけませんし。
増強で1ターン使ってるとウズメに殴り倒されるし。
実はスルーして増強1回から、相手ログ残2から鎌鼬がもう一度飛んでこない保証が無かったので、
あれは雷火があってもなくてもBPアップコード使用で正しかったなと。
初手での雷火と、ラストターンでの雷火の警戒の仕方が全然違って、
やっぱこのゲーム面白いなーと。

まぁ、結局その試合で雷火1枚も見かけませんでしたけどね・・・。

さて、明日は時間が間に合えばレストアの大会に参加するつもりです。
新弾発売までに、可能な限り腕を磨けるように頑張りましょう。

それでは、今回はこの辺りで。
【2015/08/23 23:14】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/22 大阪浪速区民センター 夏のSNE祭り レポ
少しお久しぶりな更新です。
身内に不幸があったり、PCを買い換えたりで少しバタバタしてました。
ある程度落ち着いたのは先日の事なんですが、
一度更新が途切れると、再開のタイミングががが・・・。

などとしていると、グループSNEのゲームイベントが開催され、
ドレッドノートの対戦もあるとの事でしたので、
良い機会と思い行ってきました。

色んなゲーム(ボドゲやTRPGなど)をプレイされる方々でにぎわってました。
TRPGのSW2.0ブースにいたお知り合いに挨拶だけして、
こちらはドレッドノート一直線です。

大会形式はフリーバトル。
いわゆるランブル形式でした。
1戦毎にデックチェンジも可との事。
7戦するとペイモンを頂けるという事でしたので、頑張ってプレイ。

・・・と思ってたら、勢い余って10戦。
10戦までしかシートの記入欄が無かったので、そこで打ち止めでしたが。

内容までは覚えてませんし、当たったデック傾向も大まかにしか覚えてませんが、
とりあえず戦績の方は、10戦8勝2敗でした。

負けた2敗の内1敗は、使うのが苦手な青単を使い、青黄に敗北。
人に使われる分には特に何も思いませんが、
自分で使う分には、アテナが本当に嫌いになりつつあります・・・。
なんで皆あんなの回せるんだろうか・・・。
全然回せる気がしない・・・。
アテナ引かない時の方がストレス無くプレイできる程度にはアテナ嫌いになりました←

もう1敗は、赤黒使用で黄単に敗北。
デックアウトからのライフペナルティ負け。

どこかで勝負に出なければならなかったんですが、
どうにも耐える事しかできず。
細かいコード対抗を終盤まで引けなかったために、
こちらの眼光と相手の誘惑によるユニットチェック効果の打ち合いにより、
互いに決定打無くデックアウトまで。
まぁそりゃ後攻取ってる回数こちらの方が多いんで、先にデックアウトしますわな。
切り込むタイミングは見極めれる様にならないといけませんね。

勝利した8戦はほぼ全て赤黒使用でしたが、まぁ危なげなく。
というか、みなさん気軽にプレイなさってたようで、
あんまりガチガチなデックタイプは見かけませんでした。
ちまさんはプロキシ入りのデックが多いので、赤黒と青単と黄単しか選択肢が無かったとです・・・。
黒絡みのデックほんと見かけなかったです。

多かったのは赤単や赤青、黄単でしょうか。
スセリやデイモス、先行公開されて対応キャスターを得たヤマタノオロチ等を使う方が多かった印象です。
かくいう俺も最後の最後で黄単使いました。
1コスコードに有用な物が増えて、2コス圏で出来る事が増えれば、
黄色にも未来があると思うので、新弾に期待といったところでしょうか。


さて、取り留めもなく書き連ねてみましたが、こんな感じでした。
また大会参加した際は、いつものようにレポート記事でも、
のらりくらり書いて行きましょうかね。
気が向けば、カード考察もかな。

それでは、今回はこの辺りで。
【2015/08/23 00:43】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/8 ドレッドノート 京都アメ 公認大会 レポ
お仕事だったんですが、早めに切り上げて大会参加。
参加者は7名だったかな。

2弾発売前に色々使おうと思い、
今回は今まで進んで使おうという気がしなかった青単で参加。

いや、なんかもう俺青単ほんと無理だわ・・・。
使える気がしない。

それを克服するためにがんばりましょう。

参加者7名くらい。
使用デックは青単(アリス&アルフレド)


では以下れぽ↓



1回戦 スズキさん 赤黄 勝ち

ドレノの大会で当たるのは初ですね。

相手キャスターはユイ&リツコ。

初手ニケからスタートでき、順調。
ハンドのアポロンをとりあえず開幕から投げつけて金剛貰います。

相手が序盤にキャスト受けを宣言し、片側ライフ0に。
有り難いと思っていたら反響アグニが飛んできて、
こちらも片側のライフがやばそうな感じに。

とはいえ、焼きのケアは焼きでという感じで怒涛で事なきを得る。

その後、同じターンに烈風とアグニが両方飛んでくるも、
生存キャスター側のユニットを無理矢理こじ開けて、
プロメテが通って勝ち。


2回戦 ブブさん 青黒 負け

相手がベルゼブブじゃない・・・。

相手キャスターはレオナ&ヒカル。

なんかもう、本当に青単の才能無いんだなっていう初手。
めっちゃマリガンしても、開幕フルタップせざるを得ない。
その後もひたすら怒涛、アテナ、ディスペルなど、
やたらと高コストを引き倒す。

プロペータどこー・・・。

マリガン>ニケドローで手札にあるSがペルセウスとアンドロメダ。
どうすんねんこれ・・・。

アテナ引く度にイラッとするものの、
どうしようも無いので、プレイングだけは冷静に進めますが、
どうやってもコストに見合ったリアクション連鎖にならず。

これはきっと構築が悪いんだなと思う事にします。
もうなんか、プレイ自体のミスは少なかったと思うけど、
立て直せずに敗北。


最終戦 ししょー 青単 勝ち

青単ミラーktkr
俺の青単は弱いぞー!(バリバリー

相手キャスターはアリス&アルフレド。

開幕、さっきよりユニットが軽くて、
キャスト後になんとログが1つ残っている。
こんなに嬉しいことは無い。

そして相手はマリガン頑張ったにも関わらず、
開幕キャストがS4体。


oh...


早々に片側ライフを0にする事に成功。
いや、成功っていうか、せざるを得なかったんでしょうけども。

中盤からはアテナ同士の殴り合い。
先にアテナをアテナで殴った方が有利なのです。
先にアテナで殴ってユニットを空にし、
増強2回通したプロペータで殴って勝利。



結果、2-1。

結論:事故って怖い。


青単はコスト持ちのユニットが多めに採用されるデックなので、
とりあえず今回のような事故が起きないように、
デックのウェイトをもう少し調整しようと固く心に誓いました。(震え声)

あと、多分俺青単が使えないんじゃないわ。
コスト3のユニットを採用してる単色デック使うのがヘタクソなんだ。

フリーでベルゼブブ使って気付いた土曜日の夜。

それでは、今回はこの辺りで。
【2015/08/08 21:53】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドレッドノート カード考察-ジョージア&ハルファス-
というわけで、何となく書いていきましょう。

オフィシャルで公開されてた今日のカード。

キャスター ノルベルト・ジョージア

マルファス及びハルファスをキャストした際に、強化を付けれる「連魂の絆」を持つ。
魂の絆とは違い、対象ユニットが2種いるので、フルプレイで8回強化できる。
8回も出してたら多分その試合負けてると思うけど。

強化対象が2種のためか、プレイ時にログコスト①が発生する。
よって、マルファスとハルファスは表記コストより1コスト重いと考えた方が無難。
この2種絆が強いかと言われれば、(ユニット性能の面は置いておくとして)効果自体は微妙。
コストも発生しますし。
しかし、片面を2種絆でガッシリ構えれる状態で、
キャスターがもう一人いると考えると、確かに厄介ではある。
現状の2面絆構成に足りない部分を持っていると言えるのではないか。

効果として見ると微妙だが、キャスターとして見ると結構優秀。


ユニット ハルファス


新アビ「団結」持ち。
隣にビーストがいるだけで強化が1枚つく。
エンチャント付与なので、隣のビーストが除去されても強化は残る。
絆を付けると140。でもそれだと3コスト。
ドロー能力もあるにはあるが、
ユニットとコードの2種類しか存在しないゲームで、
例えユニットをビーストのみで組んだとしても、
ミスった時のコード損失デメリットは大きい。
なんで大きいかというと、毎ターン使う能力じゃないから。
現状、ユニットをドローして嬉しい状況というのは、

・ハンドに場を埋められるだけのM、Sユニットが無い。
・覚醒のサブエフェクトによるリアクション手数の増加。
・アビリティコストにユニットを要求してくるユニットが場にいる。

大方この3パターンではなかろうか。
その内の、サブエフェクト目的の場合は、効果値的にはコードの方が望ましい場面が多いので、
やはりミスしてコードを損失する、というダメージは大きいと思われる。
そのターンで覚醒素材引けない+次のターンに引くはずだったコードが失われる。
ダブルで精神に来る気がする。

ていうか、ゴッドドローでいいんじゃないですかね。
タイミングもファストなんで、キャスト終わってますし。
次ターンの場の事を考えてねって事なんでしょうかね。
現状の青黒相手の時にハンド差で不利になる、という状況をどうにかするためというのなら、
それこそシングルシンボルなんだから、隣にヒカルでも連れておけば解決するのでは。

まぁドロー能力の方は決まれば強いし、
余裕のある時、ヨセの一手が欲しい時とかに使えばいいと思います。

強化の方なんですが・・・これ、なんかどこかで・・・。

・・・2コスト・・・追加コスト1・・・合計3コスト・・・BP140・・・

スカn・・・ウッアタマガ・・・



いや、流石に彼より強いですけどね。
後攻取っても140なれますし。

やっぱ基礎BPが110じゃないのは、
強化2枚付けて150にさせないための、想定された100なんだろうなぁ・・・。


あ、マルファスの方は素直に強いと思います。
めっちゃ強いかって言われたら、ビースト種次第ですとしか言えませんけども。

とりとめもなく今回はここまで。
【2015/08/07 20:37】 | ドレッドノート-カード考察- | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドレッドノート 二面絆型赤黒 レシピ
書くって言ったのでメモ。
先に断らせて頂くと、他にもっと練度の高そうなレシピは出回ってますので、
参考等にはならないかと。
あくまで自分で回すという目的で組んだものであり、
あくまで自分のメモとしての記事化。


では以下れしぴ↓


二面絆型

<キャスター>

恵比寿ユイ
レオナ・メリタ

<ユニット>

アメノウズメ*4
飛騨 弐*4

ゴモリー*4
シルトⅡ*1
M 13枚

松坂*3
飛騨*4

バーレー*4
シルト*4
S 15枚

<コード>

神通力 金剛*4
神通力 雷火*1
神通力 烈風*4

アスモデウスの眼光*4
ベルゼブブの魔風*4
ベリトの闇の鎧*4
レジスト*1
コード 22枚

計50枚




いじょう。

殴り以外の選択肢を有し、衰弱付与による焼き幅の増加、
ユニット対象へのリアクション性能等、
優れている部分は多い。
しかし、様々な面でハンドコストを要求されるため、
コスト管理面で少々慣れが必要。
デック速度は遅めに構築してはいるが、
安定して後攻を確保できるというわけではない。
先攻を取ってしまった際に、焼きコードやアビリティで動けるという点でカバーできるが、
例え焼くとしても、後攻で焼いた方が有利。
あくまでも先攻時の選択肢の一つとしての存在。

青、黒などの、殴りに対しての行動が強い色に対して、
殴り以外の選択肢を持てるのは重要ではあるが、
先立つものを消費している分、ハンド差は埋まらない。
要は、如何に少ない手数で、どれだけ効果的に相手の場を崩せるか。
相手のハンド枚数と、積まれているであろう対策コードをある程度予測し、
可能な限り阻害されない様に動かなければならない。
当然だが、始終焼き行動ばかりでは直ぐにハンドが枯渇するため、
メインは猛攻を据えた殴りとなる。

青黒と戦えるかどうかと言われれば、戦える。
青黒に有利か不利かと言われれば、不利。

こんな印象でしょうか。

赤も黒も好きな色なので、デックとしては俺好みなんですけどね。


とりあえずメモとして。
公式でも2弾のカードの公開が始まってますね。
カード考察していくのもいいかもしれないなぁ。
ぱっと見でそのカードの良しあしがすぐ分かるなら、必要ないんでしょうけども。
俺はそんなにカード1枚を見れないので。

では、今回はこの辺りで。
【2015/08/06 20:18】 | ドレッドノート-レシピ- | トラックバック(0) | コメント(0) |
ドレッドノート スセリ型赤青 レシピ
そういえばレシピ全然上げてないので、
折角なのでメモを残しておく事に。

特に練り込んでるわけでもないので、
余裕のお試し感覚。


では以下れしぴ↓



スセリ型

<キャスター>

恵比寿ユイ
敷島ヒカル

<ユニット>

アメノウズメ*4
スセリヒメ*4
飛騨 弐*4
イソタケル*1

M 13枚

鞍馬*4
飛騨*4

マルクス*4
デイモス*2

S 14枚

<コード>

神通力 金剛*4
神通力 雷火*4
神通力 烈風*2
神通力 鎌鼬*3

アポロンの降り注ぐ矢*4
アテナの煌めく盾*4
アレスの猛き槍*2

コード 23枚

計50枚





いじょう。
強気構築。

ユニットをやや少な目に。
多分普通に組んだら雷火と槍の枚数が逆になると思う。

焼きコードは3種9枚。
必要になった時に引けるようにと、
低ログでガンガン打って行きたいのと。

キャスターにヒカルを据えているとはいえ、
ハンド消費は激しいので、先攻よりは後攻推奨。
先攻でも焼きスタートなら・・・と思うも、
先攻導入の役割を果たせる焼きコードは烈風のみ。
まぁ、殴りもそこそこ強いので、
極端に焼きスタートを意識する必要は無い感じ。

スセリヒメは強化条件の制限が厳しいですが、
まぁそれでも通ればやはり強力です。
総合的に見て環境に食い込める程かと言われれば、
別にそうでもないとは思いますが。

焼けなければ110。
焼ければ150。
でも、それはスセリが強いんじゃなくて、焼きが強い。

もうちょっと色々書いたんですが、
なんか消えてしまったので、もう今日はこの辺りでいいや。

明日にでも赤黒のメモも残しましょうかね。
それでは、今回はこの辺りで。
【2015/08/05 20:02】 | ドレッドノート-レシピ- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/4 ドレッドノート 京都YS公認大会 レポ
平日の19時スタートは本当にありがたい。
仕事帰りに寄れるってステキ。

参加者8名。使用デックは赤青。
キャスターはユイ&ヒカル。


では以下れぽ↓



1回戦 ししょー 赤単 勝ち

人数多くても当たる2人であった。

相手キャスターはレイジ&タイガ。

情け容赦ない焼き合いである。
この試合、都合3回はカグツチ打たれたかと。
とはいえこちらも反響アポロン、反響鎌鼬と、焼きは豊富です。
相手の引きがやたらとカグツチに偏っていたというのもあり、
盾、金剛が通りやすく、2体残れば戦える流れ。
詰めで焼きが通り、スセリパンチで勝利。


2回戦 Tさん 青単 負け

相手キャスターはアリス&ヒカル。

焼きに対する対策満載な青単を踏んでしまう。
いや、まぁ使用人口考えたら、踏まない方がおかしいんですけども。

ハーデスもディスペルもハルモニアも打たれますが、
そんなもの関係無いとばかりに鎌鼬、烈風、アポロンを打ちまくって行きます。
最初に出てきたアテナは3体くらいで殴ったら退場して頂けました。
相手は焼き対策は豊富ですが、
こちらはせいぜい金剛程度なので、警戒しつつ立ち回ります。

お互い削り合いを進めて、双方残ライフ1まで。
最後の最後にスピードチェックで相手に怒涛がめくれてしまう。

うーん・・・どうしようもないかなぁ・・・。

一応ゴッドドロー頑張っては見たんですが、
開始2ターンで捨て山にウズメが2体消えてしまっており、
3体目は直前ターンでお亡くなりに。
4体目を引けていればというところでしたが、殴り切られて敗北。

ハーデス3回、ディスペル1回、ハルモニアキャストまでされましたが、
まぁそれでも、青単相手に残ライフ1まで持って行けたのは、
なかなか頑張った方ではないかなと。
負けはしましたが、それなりに満足。


最終戦 木崎 黄単 勝ち

相手キャスターはシダルタ&パドマ。

黄色い熊ってプーさんですね。←

開幕からシヴァが出てきます。
つまり1ターン目の相手の残ログが1。
これはアポロン通りますわ・・・。

片側ライフ0にできはするものの、
2ターン目にもまたシヴァ。
3ターン目からは毎回第三の眼で焼かれます。
仕方がないので天眼誘って鎌鼬打ってログを寝かせてもらう。
からのパンチにアポロンを合わせて地道に削っていきます。
最後は先攻から殴り切って勝利。

なんで黄色って2コスト圏のコードと1コストMユニットが居ないんでしょうね・・・。


結果ー、2-1。

スセリヒメはデック考えてた時点ではかなり微妙なユニットでした。
赤単で組もうとしても入らなかったので、赤青にする事になりましたが、
今日はそこそこ活躍してくれた感じ。
「モナカより遅い」とかいう理由でデイモスも積みましたが、
「殴り合いの結果、S1体だけ残っててもパンチ通らなくて何もできない」
っていう状況が少なかったので、そこそこ活躍は出来た模様。
ただ、やっぱり片側ライフ0を前提にプレイするスタイルはどうにも合わないので、
俺は積んでも2枚までかなぁ・・・という感じです。

ちょっと仕事が忙しくて、今週も土曜日は休め無さそうなので、
平日で出れる大会は可能な限り参加していこうかな。

それでは今回はこの辺りで。
【2015/08/04 23:22】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/3 ドレッドノート 京都レストア 公認大会 レポ
なんか今月は月曜も火曜も19時スタートの大会があるという。
経験値積みたい勢としてはありがたい事この上無いです。

というわけで、京都レストアで公認大会。
参加者3名の総当たり。
使用デックは赤黒。


では以下れぽ↓




1戦目 ししょー 青単 勝ち

普段から良く対戦してもらってます。感謝。

相手キャスターはアリス&アルフレド。

安定したニケスタートからの低コスト展開。羨ましい。
こちらはというと、初手にMがゴモリーとウズメのみ。
Sいっぱい。

うーん・・・。

勇気を振り絞ってゴモリーとS3体をキャスト。
魔風がスピードカードでめくれて、ハンド合わせて2枚あったというのもありますが。
初手魔風連打でSをもって行き、後は素直な感じでライフ削られます。
相手は片側ライフ0に。

アテナのキャストが1ターン遅く、こちらはある程度体勢を整えられる。
生存キャスター側にアテナ+メダという並びをして頂けたので、
かちあげでメダを処理>アテナの殴りをキャスト受け>アテナに全力パンチ
でアテナを処理。
盾、怒涛の弾幕が薄く、そのまま残ライフ1を削り切って勝利。
なんかログに盾とか埋まりまくってたようです。

東京CS優勝者のフリーズ採用等の形だと、
メダにかちあげにも対応できるという事なんでしょうね。
今後は少し意識して行こうかな。


2戦目 イトウさん 青黄 勝ち

なんか良く青黄と当たる気がします。
気のせいでしょうか。

相手キャスターはリツコ&ヒカル。

相手初手キャストにダミー。




  ま  た  か  !  !




序盤を有利に進めようと思いますが、
一応最初にキャストされたアレスを警戒して、殴るキャスターを散らします。
魔風受け、眼光受け等で相手の殴りを被害の少ないように受けつつ、
ユニットを削っていきます。
相手片側キャスターのライフを削り切った終盤で、アレスが増強の構え。
どうしようかと思いつつ、1回だけこちらも増強。
>相手増強>こちらパス>相手こちらのSにアグニの浄化>こちらアレスに烈風

いや、残ログ4は流石に。
天眼でもレジストでもダメなんで、ログ寝ないならこのターンは無理しない感じでした。
寝てくれたんで、そのまま殴って勝利。

相手方で言えば、こちらのパスには即パスで良かった感じですね。
このゲーム、欲張ると不利になりやすいです。


結果ー、2-0で優勝。
赤黒にも大分慣れてきたので、
ちょっとまた他のデックでも大会参加していこうかな。
資産不足でプロキシ入ってるデックが多いんで、
赤黒で大会でちゃうと、他のデックに資産回せないんですよね。

ドレノフェスに向けて、いろんなタイプのデックを触って行きたいところ。
明日も大会あるので、今のうちにカード差し替えておこうかな。

それでは、今回はこの辺りで。
【2015/08/03 22:31】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
8/1、8/2 ドレッドノート 公認大会三連 レポ
土日の大会結果を日曜の夜にまとめて書いて行くスタイル。
しんどいんですけどね。

残念ながら土曜日はお仕事だったので、
京都の山城の方で21:00開始の大会へ参加。
日曜は大阪で連戦。

では以下れぽ↓


8/1
京都解放倉庫で公認。参加者2名のみ。
使用デックは赤黒。


1戦のみ 二度目ましての方 赤単 勝ち

以前にも同じ店で対戦した事のある方。
お久しぶりですドウモドウモ。

相手キャスターはレイジ&タイガ。

開幕の相手のスピードチェックで烈風がめくれる。
キャスト次第では打ってくるかなーと思いつつ、
イソタケルが出てきて開幕使用は無い模様。

・・・が、タイガ。

一応こちらは闇の鎧があるので、打たれるユニット次第では耐えれるのだが。
相手の狙いがキャスター受け→しゃんしゃんであるのなら、
このターンでの水鏡は警戒しなくて良い。
Mがゴモリーと飛騨弐だったので、一応烈風も水鏡も警戒して飛騨弐+飛騨の210点でパンチ。
相手悩んだ末、水鏡。
ですよね。
ゴモリーかちあげから殴って片側ライフ0に。
次のターン、相手のカグツチ2体振り分けを金剛2発で同時に耐え、
ログが無くなった相手に魔風通して勝利。

結果、1戦のみですが優勝。
結構早く終ったのでフリー。
プレイング、特に殴り方を凄く真剣に学ぼうとしている方で、大変好感が持てました。
もっとこういう方が増えてくれるといいですね。
またよろしくお願い致します。
土曜日はフリー合わせて2戦のみ。


続いて8/2。
大阪、ラボのなんば2号店で公認大会。
場所が分からんので急遽ヒデを召喚。ありがとうございました。

参加者8名。使用デックは引き続き赤黒。


1回戦 珍九さん 青黒 負け

相手はチーム珍九の人。
漢字合ってんのかどうかは知りません。

キャスターはレオナ&ヒカル。

お互い早い段階で片側ライフ0に。
この状況まで来ると、迂闊に焼いてられないというのが赤黒の実情なわけで。
かちあげ等で処理しようにも、相手の方がダントツで遅いので通るわけもなく。
両者残ライフ2のところを先にこちらが1枚削られてしまい、
かちあげ、魔風アポロン、殴りの全てをケアしなくてはならない状況になる。
できるわけがなく、そのまま敗北。


2回戦 おっきゅんさん 青単 勝ち

相手は初めましての方。
ヒデとか珍九さんのお知り合いみたい。

キャスターはアリス&アルフレド。

こちら初手キャストがウズメゴモリーでログフルタップ。
相手の初手キャストはアテナで残ログ1。

あれ、これもしかしてお互いしんどいやつ・・・?

殴り合いで相手がユニット消費を嫌い、アルフレド側がライフ0に。
これはありがたい。っていうかやっぱしんどかったんや・・・。
こちらはハンドにおかわりがあるため、ゴモリー受けでライフを残す。

次のターンでバーレーを引き、ゴモリーと共にキャスト。
相手のキャストにアンドロメダが無く、アテナに強化が付いてない。
こちら後攻なのでゴモリーが絆甲殻で150。
バーレーでアテナに衰弱付けて60差。
殴りをバーレーで受け、返しにかちあげをアテナに。
レジスト>金剛>常勝不敗2回>金剛>常勝不敗2回>闇の鎧でアテナを処理。
次のターンにキャストされたアンドロメダにバーレーで衰弱付与。
アクションで魔風打ってから殴りを片側のキャストで受け、
3体全殴りで勝利。

BPアップコードはやっぱり強いですね。


最終戦 白ハトさん 青黒 勝ち

この試合はなんか頭が変な方向に寝てて、
こちらのユニットが1体ブレイクする度にライフ1枚削れて行きそうになってました。
なんでそんな勘違いをしたのか・・・。
結構ガチで、指摘されても「?」って感じでした。
ご迷惑をおかけして申し訳ない。改めましてこの場で謝罪を。

キャスターはレオナ&アルフレド(だったと思う)

試合の方は開幕から相手にレヴィアタンが出てきたので、
終始放っておきます。
アタック回数に制限があるので、早い段階で片側のライフを削り切る事に成功。
残ライフ1でS1体のキャスターにS2体で殴ったら眼光、闇鎧ときたので、
金剛打ったらアポロンが飛んできてしまい、ピンチになりつつも、
1枚のみのゴッドドローで同盟覚醒引き当てて何とか勝利。
詰めの粗さが出てましたね。精進・・・。

結果、2-1。

続いて休憩を挟んだ後、ビッグマジックで公認。
10名参加。使用デックは引き続き赤黒。


1回戦 初めましての方 青黄 勝ち

キャスターはリツコ&ヒカル。

相手初手キャストがコルヌ+アレス+ダミー2体。

あ、勝った←

いや、うん。
それは無理やろ・・・。

アレスパンチをキャスター受け宣言で、
追撃誘ってログ寝かしてから眼光で流す。
ウズメの爆風扇が色的に通りやすいため、
焼き倒して勝利。

ひどい事故を見た・・・。


2回戦 初めましての方 黄単 負け

相手は珍九さん達のお知り合い。
休憩挟んだ時にみんなでおしゃべりしてました。

キャスターはシダルタ&パドマ。

序盤、かなり有利な盤面に持っていけはするものの、
警戒はしてはいるものの、乱風をケアできない状況になる。
結局読めてはいたのに乱風が通ってしまい、一気に片側ライフ0。
詰めでかちあげが通ればというところで、
相手レジストからのBP合戦に敗北し、そのまま負け。

かちあげを使わない選択肢は既にありませんでした。
よって、敗因は乱風を対処できなかったところまで遡る。
あれはアポロンとか怒涛と違ってアクション打ちできるから、
どうしても対処の幅が狭くなりますが、
それを見越して金剛なりをハンドにガメておかなかったのは明らかなミスでした。
ライフアドは取れていたので、無理に殴りを通そうとしたり、
受けで打ったりしなければ、という感じでしょうか。
対黄単の経験値不足がモロに出た気はします。精進。


最終戦 初めましての方 青黒ダミー 勝ち

よくよく考えたらアウェーなんだから初めましての人ばっかりですよね。

相手キャスターはゲルダ&ヒカル。

いや、うん。
スピードチェックで全部後攻取りました。
Cがめくれる>相手ギアチェンジ>こちらC
を繰り返す。
なんかこっち何もしてないのに、勝手に相手のハンドが枯れていく・・・。

相手が早々にキャスター受け宣言でライフを削り切る事ができ、ライフアドを取得。
特にレジスト等で防がれても困らないので、烈風でユニットを削り、
残ライフ1のユニットを310点くらい殴って勝利。

青黒相手でも後攻取りまくれる時もあるんだなぁ・・・。


ここで階段が崩れたので終了。
結果、2-1。
日曜は2-1ばっかりですね。

露骨なミスは(ルールの勘違いとかいう謎のボケを除いては)そんなに無かったので、
ある程度プレイングはしっかり出来てきている模様。
ただし、詰めの甘さというか、粗さが目立つ。
ヨセが雑な部分が本当にハッキリわかるため、そこを重点的に直して行きたいですね。

それでは、今回はこの辺りで。
【2015/08/03 00:48】 | ドレッドノート-レポート- | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。