プロフィール

ちま

Author:ちま
きょーと在住のちびすけなスイーツ好き男子。
ネコとゲームをこよなく愛する変な人。
モンコレってゆーカードゲームをやってるカードゲーマー。
部屋はカードとゲームと服で溢れかえってます(笑
宣伝コメントが鬱陶しいので、禁止ワードを設定させて頂いてます。
禁止ワード「http:」です。
申し訳ないですが宜しく御願いいたします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

あしあと。

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
「ちま」の生態記録所。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
モンコレ 続・竜鳴を考える。
さて、前回の竜鳴考察の続き。
環境上位4種デックに対する相性、残り2種分です。

相変わらず前提として、自身で組んだタイプを対象としての考察です。
れしぴ→http://idukikusagami.blog42.fc2.com/blog-entry-534.html


○対風神&雷神

個人的な結論としては、やや不利。

亡霊と同じく、展開力では圧倒的に負けているのだが、
亡霊とは違い、守るデックではなく、攻めるデックであるため、
必要最低限の戦闘回数に可能な限り近づけたい竜鳴にとって、
多量展開からの波状攻撃は堪えるものがある。
亡霊と違う点で言うと、デックに投入されている対抗数が多いために、
戦闘が発生した時点で、どうしてもある程度の消耗を強いられる。

また、レポートでも書いたが、イニシアチブで優位ではあるものの、
差が縮まるにつれて同時攻撃の発生確率が上昇してしまう。
英雄メインのパーティを組む事が多い竜鳴にとって、
相手ターン中の同時攻撃発生>両者全滅>竜巻耐性による普通召喚の多量展開
は、最も危惧すべき敗北パターンである。

戦闘面では速度で有利なので、
警戒するものはウィンドストーム、ソニックブーム、ヴォーテックスくらいか。
スペルダメージ対策のシャイニングシールドも困るのは困る。
こちらは一応、ミノの存在が抑止力になっているといえばそうなのだが・・・。
積まれている可能性は充分高い。

問題なく戦闘が始まるのであれば、そこまで辛い相手ではないはずで、
先述したスペルに対する警戒を怠らなければ、勝てない相手ではない。
ウィンドストームは万能対抗なのでタイミングを選べないが、
ソニックブームを対抗連鎖に挟まれたくない場合は、やはりアルドランスが輝く。

戦闘単位ではそれほど苦労する相手でも無いのだが、
戦場単位での不利、同時攻撃発生時のデック的なダメージ、そのリカバリー速度差がやはり厳しい。
ウィンドストームも、こちらが何も握れていない時はパーティ全滅必至なため、
可能な限りその対策は用意しておきたいところ。

一度崩されてしまうとそのまま敗北に繋がるパターンが多いため、
竜:風=4.5:5.5といったところだろうか。



○対竜鳴(ミラー)

ミラーの相性は5:5である。
・・・と、とりあえず書いておく事とする。

さて、勿論レシピが完全に同じデック同士なら5:5で問題無いのだが、
前提として挙げたレシピ以外にも、竜鳴のデックタイプは存在するわけで。

大まかに整理すると、

・4レベ普通召喚タイプ
・4レベ即時召喚タイプ
・2レベタイプ


と、大体この3タイプに分けられるだろう。
この中でも4レベ普通召喚タイプは使用率がかなり低い(というかちまさんしか見たことない)ので、
基本は残り2種との相性になるだろう。

その相性だが、正直どちらにせよ、早い方が有利である。

「先攻前提で強力な強さを持つが、後攻でもそれなりに闘える」というデックが、
戦闘の半数以上を後攻取ってしまうと・・・
もちろん、強いわけがない。

対ミラーでのキーカードは、勿論加速パーツと英雄に他ならないのだが、
それらを引かなかった場合の対策として、聖斧隊と精霊剣士団があげられる。
聖斧隊は言わずもがなだが、これと精霊剣士団がパーティを組む事で、
相手にクロスブレードを打たれない限りは、後攻でも充分戦う事が可能。

しかしやはり、それでもクロスブレードなのである。

対抗不可ばっかりはどうしようもない。
これがあるから結局は先攻取った側が圧倒的有利に立つ。

ただ、流石にデックパワーという点においては、
色んな物を犠牲にしている分、4レベ普通タイプが最もポテンシャルは高いと思うが、
安定性という面では4レベ即時タイプがダントツだろう。
2レベタイプの最たる特徴は、やはり獣使いを複数並べての高火力や、
プラズマボール等の20点発生ユニットの採用になるが、
後攻を取ってしまった時の被害が尋常ではなくなるため、
個人的にはあまりオススメできない。


考察は以上とする。


最後に余談として記しておくが、
前提として挙げたレシピは、英雄を含む戦闘で負けて良いのは2回までである。

英雄を含む戦闘で3回負けると、試合に負ける。

これはもはや自戒の意。
スポンサーサイト
【2014/08/20 21:22】 | モンコレ-カード考察- | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<モンコレ BⅡアスモスキュラ レシピ | ホーム | モンコレ 竜鳴を考える。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://idukikusagami.blog42.fc2.com/tb.php/537-e2794cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。